一般的に美容外科医は高給与が目指せる職業として認識されていますが、果たしてその認識は正しいのでしょうか?
美容系クリニックと言っても施設の規模や人気などにより年収にはかなり差があります。
そのため、ここで示した金額は美容系の医師の実態を完全に網羅しているわけではない事を念頭に置き、ご覧ください。

一般的な医師の年収はどれくらい?


厚生労働省が調査した勤務医の平均的な年収は約1,470万円
月収にすると約120万円です。
これが大学病院となると教授クラスで年収は1,000万円、助教授で約800万円、講師レベルでは約700万円となっています。

医師の場合、大学病院よりも私立病院の勤務医の方が給与が高くなっているのがお分かり頂けると思います。
もし開業医となれば年収は約1,000~2,000万円となり、勤務医よりもさらに高額な年収を手に出来る可能性が高くなる傾向です。

もちろん開業医の中には、経営に失敗して億単位の借金を背負ってしまうケースもありますので、「全ての医師が開業して成功する」とは言えません。
ただ開業医の場合は「リスクを取った分だけリターンも大きくなる」可能性があると言えます。

美容外科医の年収はどれくらい?


では美容外科医の平均年収は一体どのレベルになるのでしょうか?

初期研修終了予定の医師の場合、いきなり初年度から1,000万円の年収を実現する事は通常の診療科目ではほとんどあり得ません。
ところが美容外科は違います。

全国展開する美容外科クリニックの場合、初期研修終了予定者であってもいきなり年収1,000万円が確約されています
もちろん外科などの経験者であればさらに多くの年収が保証されているのが大きな特徴です。

転職・入職するクリニックによっては、年収3,000~5,000万円が提示されているケースもあります
これはあくまでも一般的な話ですが、地方(過疎地)の医師不足のエリアでは年収2,500万円の医師求人も存在しますがこれは特殊な例です。

年収3,000万円超えの転職先となると、美容整形や美容皮膚科など自由診療をメインにするクリニックしかありません。

開業医の場合

美容外科医が開業した場合、一体どれだけの年収になるのでしょうか?
もちろんこれもクリニックの立地や医師の知名度などの要因があるため大雑把な事しか言えませんが、人気があり患者が常に大勢押しかけている人気クリニックの場合、年収が億単位になる事も決して珍しくありません

「美容系の医師になりたいのは、お金儲けのためだ」などと言われますが、そう言われる理由も分かる気がします。
美容外科医として成功すれば、一代で富を築く事も決して夢ではないのです。

→美容外科医が開業するならどれくらいの費用がかかる?

  • 1