1. 美容外科医が開業するならどれくらいの費用がかかる?

美容外科医が開業するならどれくらいの費用がかかる?

美容外科医としてスキルアップやキャリアアップを果たしたら、やはり次に考えるのは「開業」でしょう。
経営が上手く軌道に乗れば、開業医の年収が億単位になるのが美容外科の世界です。

では美容外科医が独立するには、一体どれだけの費用がかかるのでしょうか?
また必要なものとは?まとめていますので参考にしてください。

美容外科クリニックの新規オープンに必要な費用


美容外科クリニックを新規にオープンさせるためには、ある程度まとまった費用がかかります。
クリニックオープンの資金は約5,000万円程かかると言われていますが、立地や物件によってはそれ以上かかる可能性も十分にあります
中には8,000万円以上かかったケースもあります。

オープンのための資金とは別に運転資金も必要なので、5,000万円あれば十分というわけにはいきません。
資金に関しては銀行から融資を受けるなど、十分な金額を用意しなければならないのです。

美容外科クリニックの場合、特に院内のインテリアや雰囲気には配慮が必要です。
施術を受ける側は高額な治療費を支払うわけですから、古くて汚い施設で治療を受けたいとは誰も思いません。
インテリアセンスの悪いクリニックでは女性患者の心を掴む事は不可能です。

→美容外科の開業医の平均年収は?

開業医として必要なもの(資質)

開業医として必要なもの(資質)に、ビジネスセンスがあります。
クリニックの成功のためには、院長はドクターとして執刀・カウンセリングを行う事はもちろん、クリニックのCMや売り込み戦略(どのような点に特化するか)、優秀な部下(看護師や事務職員など)の囲い込みが必要です。

一般的に美容外科医は「得意ジャンル」をもっており、

「シワ取りならA先生の右に出る者なし」
「B先生の豊胸手術は完璧」
「C先生はアンチエイジングの神」

など、患者からしっかりした評価を受けた先生程集客が見込め、クリニックの発展・繁栄に繋がります。

開業医として必要なものはビジネスセンスと確かな技術力、さらに親しみやすい人柄やコミュニケートのしやすさなど。
独立すると事業主となるため、勤務医のような他人任せのやり方ではうまく行かないと心得た方が良いでしょう。

成功のためには立地やクリニックの雰囲気も重要


美容外科クリニック成功のためには、立地やクリニックのデザイン、雰囲気も非常に重要です
出来ればクリニックは都市部の駅近くでオープンするのが理想です。
都市部は潜在的な患者数が多く、さらに駅の近くなら仕事帰りのOLも立ち寄りやすく集客が見込めるからです。

クリニックの内装や雰囲気も、都会的でお洒落なデザインが好ましいと言えます。