1. 美容外科医求人の選び方が知りたい

美容外科医求人の選び方が知りたい

美容外科クリニックで活躍したいとお考えなら、まずはしっかりしたクリニックを選ぶ事が重要です。
良い美容系クリニックとは一体どのようなものなのでしょうか?
たくさんある美容外科医の求人情報の選び方のコツをまとめていますので、是非参考にしてください。

経営方針がしっかりしているか


美容系クリニックは日本全国に多数あり、それぞれに特徴や個性があります。
どのような理念や理想をもってクリニックが運営されているか?
経営方針がしっかりしているかどうかは重要な点です。

例えば「顧客本位で低料金」を謳う美容外科クリニックがあるとして、実際にそのクリニックが低料金のためにどこまで具体的な施策を行っているのか、HP上でも分かりやすく提示出来ているクリニックでなければ意味がありません。
「医療事故を防ぐ」事が大きな方針であっても、医師の研修制度が充実していない環境では医療事故を防ぐ事は出来ないでしょう。

経営方針を打ち出していたとしても具体性に欠ける経営方針では、ただ単に呪文を唱えているだけの状態で何の意味もありません。
「目標達成のためにどのような行動を起こしているのか」具体的に分かる美容外科クリニックを選ぶべきです。

また美容外科クリニックの経営状況も安定した雇用のためには重要です。
経営状態もしっかりチェックしたいものです。

クリニックの待遇は良いか?

美容外科医として働く上で重視したいのは待遇面です。
給与はもちろんですが、休日数や社会保険の有無、産休・育児休暇の有無、交通費・住宅費支給の有無など、待遇が良いかどうかもきちんと確認しましょう。

たとえ給与が高くても、まともにお休みも取れない激務の職場では長く働き続ける事は出来ません。
また女性医師の場合、将来妊娠や出産を考えているのなら産休や育休が取得出来る(取得実績がある)クリニックを選ぶのは基本です。

一度臨床の現場から離れると復帰が難しいのがスペシャリストの仕事ですので、産休や育休あけに研修制度などが整備されていると心強いです。
出来れば同じ職場に、出産経験のある女性医師がいるクリニックを選ぶとトラブルも少なめです。

→女性医師が美容外科に転職する場合の注意点

症例数は多いか少ないか


美容外科医としての実績や経験を積み上げたいのであれば、症例数の多い美容外科クリニックを選ぶべきです。
人気のある美容外科クリニックは自然に症例が多くなるためお勧めですが、転科してきた医師がすぐに外科手術を行うのは難しいもの。

未経験の医師にしっかりOJTで技術指導ができるクリニックを選ぶのはもちろん、医療ミスが起こらないように安全性に配慮したクリニックであれば安心です。
医療事故が起きない職場環境はもちろん、離職率の低い優良職場である事も転職先の条件となるでしょう。

→医師のスキル別おすすめの働き方