1. 美容外科医への転職ベストなタイミングは?

美容外科医への転職ベストなタイミングは?

美容外科医に転職するのに年齢制限はあるのでしょうか?
実際に美容外科医の求人情報をチェックしてみると年齢不問や応相談の求人もありますが、26歳~45歳までと年齢を制限しているものも散見されます。

この診療科目は比較的若い医師が希望するケースが多く、平均年齢も他の診療科目に比べて若い傾向があるようです。
もちろん中には他の診療科目で5年、10年と実績を積み、美容分野に転職するケースもあります。
では、美容外科クリニックに転職するベストなタイミング(年齢)はいつなのでしょうか?
ここではそのタイミングを考えてみたいと思います。

初期研修直後に美容外科の世界に飛び込む事について


2年間の初期研修直後から美容外業界に足を踏み入れる医師の方もいらっしゃいます。
それが悪いというわけではないのですが、一度美容外科業界に進んでしまうと一般病院での臨床経験を積みあげる事が非常に難しくなります

美容外科クリニックに入職すればすぐに美容のための医療を学ぶ事が出来ます。
けれど一般的な診察や医療は美容外科クリニックでは絶対に学べません
幅広い臨床経験を積んだ美容外科医の方が、優秀な医師になれると言われています。

一般病院での臨床経験を積んだ方が視野が広くなり、幅広い症例に対応出来るのです。
息の長い美容外科医を目指すなら、少なくとも数年は一般病院や大学病院で臨床経験を積む方が良策です。

美容外科医に転職するベストな年齢は?

一般病院や大学病院で4~5年程度臨床経験を積んだ医師の方が、将来優秀な美容系の外科医になれると言われています。
そのため美容クリニックへの最初の転職は30歳前後が理想的と言えます。
もちろん中には40歳、50歳で美容外科クリニックへ転職する医師もいます。

確かな技術や実績があれば年齢が少々高くても、美容外科分野へ転職可能です。

美容外科医はどうキャリアアップする?


美容外科クリニックで働く医師は、一体どのようなキャリアアップすればいいのでしょうか?

まず考えられる事は先輩医師の指導の元、様々な手術を行い臨床の現場で手技を覚えていく方法です。
例えば目頭切開にボトックス、鼻プロテーゼ、ヒアルロン酸豊胸、切開しないたるみ取り(下瞼裏脱脂)などの技術をマスターし、一人前の美容系外科医になるのがベストな方法でしょう。

大手美容外科グループに転職すると、美容外科だけではなく植毛や美容皮膚科、審美歯科、メディカルエステなどさまざまな診療科目にチャレンジ出来ます。

医師の可能性を試すという観点から見ると、大手グループクリニックに入職する事は良い選択となるでしょう。