1. 女性医師が美容外科医に転職するならどんな職場がいい?

女性医師が美容外科医に転職するならどんな職場がいい?

美容外科医には女性が多いと言われています。
その理由の一つに、クリニックにやってくる主な患者さんが女性である事があげられます。
男性医師には恥ずかしくて打ち明けられない悩みであっても、同性の医師ならスムーズに相談出来るため女医を望むクリニックも存在します。

女性医師が美容クリニックに転職する場合、一体どのような点に注意して転職先選びをすればいいのでしょうか?

美容外科クリニックは夜勤もなく働きやすい


一般的に美容外科クリニックは日勤のみの職場が多く、夜勤や当直勤務のあるケースは少なめです。
救急患者が運び込まれる可能性はゼロなので残業が発生する可能性もほとんどなく、プライベートを大事に出来るのは嬉しい点です。
医師の仕事はハードですが、美容外科の場合は過労死するほど激務の職場は少ないため女医向きと言えるでしょう。

夜勤や当直、交代勤務がなければ規則正しい生活リズムが保てるのため、長く無理なく勤務できるのも美容外科クリニックのメリットです。
とくに休日が年間110日以上ある職場はかなり休みが多いと考えてよさそうです。

実際の求人票をチェックすると、週休2日制・シフト制を採用した職場が多い傾向にあります。
中には完全週休2日制のクリニックもあるため、家族や小さいお子さんのいる女医は休みの多いクリニック、柔軟なシフトに対応してもらえるクリニックを選ぶと良いでしょう。

→美容外科医求人の選び方とは?

育休や産休は取りやすいか?


女医の場合、将来結婚や妊娠、出産を考えているのなら、育休や産休を取得しやすいクリニックを選ぶ事が重要です。
一つのクリニックで長く働きたいなら、妊娠・出産を機に無理に退職させられる病院では困ります。

育休や産休を取得した女医が過去にいるのかどうか、そしてその女医が無事に職場復帰出来ているのかどうかを転職前にしっかりチェックしておきましょう。
自分で調べる事が出来ないケースも多々あるかと思いますので、医師専門の転職支援サイトで転職先の事を調査してもらうのが時間の節約にもなる確実な方法です

キャリアアップは可能か?

美容外科医としてクリニックで働く以上は、やはりキャリアアップしたいと思うもの。
手術の症例を出来るだけ数多くこなしたい、研修会や勉強会に参加して最新の美容外科の知識を身につけたいという気持ちに応えてくれる美容クリニックを選ぶべきです。

転科してくる女医のために社内研修やOJTでの研修制度が整ったクリニックなら、キャリアアップもスムーズ。
研修制度のしっかりしたクリニックを選びましょう

→転職に悩んだらキャリアコンサルタントへ相談